立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
住まいのリフォーム「ブラッチ」トップページ住まいのリフォーム「ブラッチ」ごあいさつ住まいのリフォーム「ブラッチ」施工事例住まいのリフォーム「ブラッチ」へのお問合せ住まいのリフォーム「ブラッチ」協力業者募集住まいのリフォーム「ブラッチ」お客様の声住まいのリフォーム「ブラッチ」会社案内住まいのリフォーム「ブラッチ」サイトマップ
TOP > 雨漏り対策
雨漏りしたら・・・
雨漏りした場合にはまずは原因を調査しなければなりません。
ちょこっとシーリング工事しただけで雨漏りが止まったり、反対に大規模な修繕をしたにもかかわらず雨漏りが止まらなかったり・・・。
雨漏りを止めるということはとても難しいことなのです。
だから、慌てて工事をする前にまずは原因を探ります。
雨漏りは複合的な原因による場合も多いため、原因発見後その箇所を処置しても依然として雨漏りが続く場合があります。
調査にはそれなりの費用がかかりますが、そこを惜しんではいけないように思います。
  1. 予算があるなら屋根・壁等懸念箇所全ての改修工事を。
  2. 予算に制限があるなら一番怪しい所から順次工事を行う。 
雨漏り対策
いざ雨漏りした場合にはどうしたらいいのでしょう?
きっと誰に頼めば雨漏りを止めてくれるのか悩んでしまうかもしれません。
それもそのはず。雨漏りを止めるためにはいくつもの異なる職人さんの力が必要となり、電話帳で調べて電話しても「それはうちじゃないね」と言われてしまうからです。
そこでこのページでは箇所ごとにその補修の方法をご説明します。

屋根について

屋根と一口に言っても結構種類があるものです。
瓦屋根は瓦屋さんが専門分野。その他のコロニアル(スレート)、トタン、シングルについては板金屋さんが施工します。
もちろん瓦も、コロニアルも「屋根なら全てお任せ」という屋根屋さんもいますが、一般的には上記のように分野が異なります。
  1. 瓦、コロニアルと種類はありますが、そうした屋根材自体に完全な防水効果があるわけではありません。水の動きを考えて積み上げたり施工されたりしてますが、それらの隙間から内部に水が入り込むことはめずらしくありません。そうした水に対する備えとしてルーフィングを屋根材の下に敷き詰めるわけです。屋根からの雨漏りの多くはこのルーフィングの劣化によって穴があいてしまったために起こるのです。
  2. コロニアルの上に瓦を葺いたり、コロニアルの上にさらにコロニアルを施工したりできますが、雨漏りしている既存のコロニアルの下のルーフィングに問題があるなら、単にその上に新しい屋根材を乗せても雨漏りは止まらないかもしれません。(むしろ止まらない可能性が高い)防水・止水を考えるなら必ず新規のルーフィングを張るという工程を経なければいけません。
  3. コロニアルの上にトタンなどの金属屋根をかぶせる場合には防水効果が期待できる。
  4. 下地も確認しなければなりません。雨漏りしている場合、野地板なども傷んでいることが多いのでそうした下地もあわせて補修します。
  5. 屋根の塗装をするなら縁切りを!
  6. 既存シーリングが劣化している場合にはその打ち替えで水の浸入が解消するかも・・・

屋上について

屋上の平場ないし立ち上がり部分については防水工事を。笠木の板金等についてはシーリングまたは板金工事を。屋上に階段室、エレベーター室、はと小屋がある場合には塗装工事を。
  1. 防水工事にはウレタン塗膜防水、シート防水など幾つかの種類があります。
    防水工事
    をご覧下さい。
  2. 笠木のジョイント部分のシール材が劣化している時はその補修を行い、笠木自体の劣化が激しい場合にはそれ自体を交換します。
    手すり付の笠木ではサッシ屋さんに補修ないし、交換をお願いします。
  3. 屋上の上にさらに建物がある場合にはその建物の外壁塗装、クラック補修などが必要になります。

外壁について

外壁のクラック(ヒビ割れ)から水が入り込んでいる事もあります。
またサッシ周りのシーリングが劣化していてそこから雨漏りしている場合もあります。  
  1. ヒビ割れ補修のためのシーリング工事(擦り込み工法、Uカット)
  2. サッシ、窓周りのシーリング工事  シーリング工事の詳細はこちらをご覧下さい。
  3. 外壁塗装。クラックを埋めるなどの下地調整をした後は塗装をします。塗膜が劣化して壁が水を吸い込むことがクラックの原因になるかもしれません。少なくとも壁がもろくなっています。壁の耐久性、耐水性を考えると重要な工事です。

各ジョイント部分の補修

パイプなどの壁への接続部分や霧除けや庇などの壁への継ぎ目から水が入ることがあります。
そうした継ぎ目への処置が必要です。
  1. 継ぎ目をシーリング材で埋める。
  2. サッシや霧除けなどの構造的に水が入りやすい部分を板金処置する。
    雨仕舞いがでたらめな建物も結構あります。
    そうしたお家ではシーリングでは一時の気休めにしかならない場合があります。この場合には水の動きを把握し、建物内部に入り込まないように作り直すことも必要です。

Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ブラッチ