立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
住まいのリフォーム「ブラッチ」トップページ住まいのリフォーム「ブラッチ」ごあいさつ住まいのリフォーム「ブラッチ」施工事例住まいのリフォーム「ブラッチ」へのお問合せ住まいのリフォーム「ブラッチ」協力業者募集住まいのリフォーム「ブラッチ」お客様の声住まいのリフォーム「ブラッチ」会社案内住まいのリフォーム「ブラッチ」サイトマップ
TOP > 段差解消
段差の解消
身体機能の衰えた高齢者の方にとってはほんの少しの段差でも転倒事故につながります。
そのため段差を解消し、事故の起こりにくい住環境を作らなければなりません。
バリアフリーとはそうした障害を取り除くことを言い、介護を住環境の面から見つめた言葉です。

ご主人がベランダに出やすいようにしてほしいとの事でした。マンションの上階にお住いのため、なかなか外出できません。そこで歩行訓練をベランダでなさるために段差を解消します。
 
室内からベランダへの段差がなくなりました。晴れた天気の良い日にはきっとご主人がベランダに出てゆっくりと歩行されてるんでしょうね。とても景色のいいマンションからの眺めがほら、すぐそこですよ!

お家の中にある段差

上り框(あがりかまち)  
住宅の床は地面からの湿気を防ぐ性能が建築基準法で定められており、通常直下の地面より45cm以上高く造られます。このため、玄関ポーチの部分、玄関ドア、玄関土間と少しずつ段差を上り、残った数十cmを上がり框で一気に上がることになります。
玄関土間で履き物を履き替えるので、集合住宅のように床が高くない場合でも数cmの段差が造られます。

この場合は踏み台を設けるなどして段差を軽減する方法が考えられます。手すりとの併用が効果的です。
敷居(しきい)  
敷居は襖や障子などの建具が動作するために鴨居とセットで造作されます。上り框ほどではありませんがその段差につまずいたりしたら大変です。介護リフォームにてその段差を解消したいものです。
敷居は構造的な問題もあり、簡単に取り外せるものではありません。小さなスロープなどでつまずきにくい構造にするなどの対策が考えられます。
   
トイレの入口に段差があります。トイレの場合、表側の入口部分に段差がなくても内側が下がっているような事もあり、それぞれ注意が必要です。また、浴室の入口にもこのような段差が見られます。
結構な段差です。ハツリ工事などで段差部分を撤去する方法が良いですね。ただし、内開きの扉を含め枠などの造作工事が必要になります。

介護保険による公的補助について

手すりの取り付けや段差解消などの介護のための改修工事をする場合に公的補助が受けられます。要介護区分を問わず、改修費用(上限20万円)の9割(実質上限18万円)が支給され、一回の工事で上限に達していない場合には次回の工事でも上限まで受給できます。
補助金の申請についてはきちんとした手続きが必要で、ケアマネージャーさんまたは福祉住環境コーディネーターさんに改修工事が必要な理由を書いた「理由書」を書いてもらわなければなりません。市町村ごとに多少申請手続きが異なるので事前に調べておく必要があります。
かつて「ケアマネさん」じゃなきゃダメと言われたことがありました。

関連ページ
介護リフォーム(手摺取り付け)

Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ブラッチ