立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
住まいのリフォーム「ブラッチ」トップページ住まいのリフォーム「ブラッチ」ごあいさつ住まいのリフォーム「ブラッチ」施工事例住まいのリフォーム「ブラッチ」へのお問合せ住まいのリフォーム「ブラッチ」協力業者募集住まいのリフォーム「ブラッチ」お客様の声住まいのリフォーム「ブラッチ」会社案内住まいのリフォーム「ブラッチ」サイトマップ
TOP > 原状復旧リフォーム
原状復旧リフォーム
住人さんの退去後のリフォームを原状復旧工事と言います。
入る前の状態に復旧させると言う意味で、クロスの貼り替えなどの仕上げ工事、水周りなどの各住宅設備機器の修理、交換、ハウスクリーニングを行います。

賃貸物件は供給過多

依然として新築物件が増え続ける状況のなか少子化の影響もあいまって、いったん部屋が空いてしまうとなかなか埋まらない状況になってまいりました。
どうしたら空き室を解消できるのか考えてみます。
まずは外見
部屋探しをする場合に築年数を気にする人も結構いますが、「外見がよければそれでいい」という人もかなりいらっしゃいます。
外壁塗装、サイディング張り等見た目をキレイに、格好良くする事が大切です。
室内の見た目も大事
外見をクリアしても室内がきたならしいようでは申し込みは入りません。
よっぽど価格が安いなどの特徴がなければ見向きもされません。
ただ、価格勝負を続けると、どんどんアパート、マンション経営は苦しくなります。
思った以上に賃貸市場は冷え込み、単なる価格勝負だけでは他の物件に勝てない状況の中ほんのちょっと家賃を下げたくらいでは決まらないのが現実です。
きちんと原状復旧する事は他の物件に見劣りしないための第一歩と言えるかもしれません。
付加価値を付ける
トイレにウォシュレット(シャワートイレ)をつける、追い焚き機能をつけるなど他の物件との差別化も必要です。
部屋探しはインターネットでするのが最早当たり前と言っても良い状況の中、お客様はとにかくよく調べています。そして比べています。
不動産業も営む弊社では「私たちよりも物件情報知ってるんじゃない?」というぐらい情報を持っているお客様を数え切れないほど見てきました。バストイレ別、独立洗面台、追い焚き機能付、ペット可、オートロック、エレベーター付で2階以上・・・・とまぁこんな調子です。
しかも、目の肥えたお客様の要望に応える物件が探せばある状況の中、バストイレが一緒、エレベーターなしなど、ただでさえ不利な状況の物件が決まるわけもないと思います。
そうした不利な状況を打破するには価格を下げるだけでは不十分です。
きらっと光る長所を皆様の持つ物件に持たせる努力を致しましょう!

物件の魅力を高める6つの秘訣

  1. 外観を美しく、かっこよく!
    第一印象は大事です。ご案内した瞬間に選択肢からはずされる可能性もあります。
    建物の耐久性などからも定期的なメンテナンスが必要です。

  2. ゴミ置き場、集合ポストなど管理を徹底!
    集合ポストのチラシが散乱している、あるいはゴミ置き場がゴミで散らかっている物件も印象を悪くする原因です。
    チラシ用のゴミ箱の設置、ゴミ置き場のカラス、猫対策を含めた管理の徹底は思った以上に大切だと認識してください。

  3. 自電車置き場、バイク置き場も大切です。
    自転車置き場がないために申し込みが頂けなかった事も一度や二度ではありません。
    車の駐車場だとかなりのスペースを必要としますが、自転車置き場なら比較的簡単にスペースを確保でき、できれば屋根つきにしていただきたいところです。
    「バイク置き場のある物件」をお探しになるケースも結構ありました。これも多物件との差別化に繋がります。
    家族向け物件の場合にはベビーカーなどを置くスペースを作っておくととても喜ばれます。

  4. 共用廊下、敷地内の草むしり、掲示板など共用スペースを整然とさせることも重要です。
    共用廊下に荷物が置いてあると防災上の問題があり(避難経路の確保)また、他の住人さんにとっては通行の邪魔になるなどその物件に疑問が生じる原因となります。

  5. 室内の見た目をよくする。
    リフォーム前の物件の案内は私たちにとって躊躇されるものです。
    何故ならいくつもの物件を案内する中でリフォームしていない物件が決まることは珍しいからです。同じ物件内に複数の空き室がある場合、リフォーム済の部屋をご覧頂き、リフォーム前の部屋はお見せしません。
    クリーニングしかしていないお部屋でクロスなどにシミがあったりすると「これはリフォーム前なんですよね?」と確認される方も結構いらっしゃるくらいですから、原状復旧工事をしていない物件は賃料などで優位性がない限りは決まりにくいと言えます。

  6. プラスαの設備を!
    ペット共生型マンションなど、「売りのある物件」は人気も高く、家賃も高く設定できます。
    そうした他にない長所を持っていれば空き室のリスクは減ります。
    室内の設備機器にもそれは当てはまり、普通の洗面台よりはシャワー付洗面化粧台、普通の便器よりはウォシュレット機能付きの便器と言った様に設備の良し悪しまで比べるような時代になりました。新築の中にはそうした便利な設備を全て兼ね備えたような物件まであります。
    しかもそうした新築物件がわりとお手ごろな価格帯で募集を行っているとなると、既存のアパート、マンションが苦戦するわけです。
    追い焚き、IHクッキングヒーター、ウォークインクローゼットなど魅力的な長所を皆様の物件は持っていますか?

原状復旧の施工事例

キッチン交換前
油汚れの目立つポン置きキッチンを交換します。
  キッチン交換後
キッチンを交換し、ステンレスの変わりにキッチンパネネルを張りました。
床張り替え前
床がかなり傷んでいたので張り替えました。
  床張り替え後
正面のせんい壁にはクロスを張り、床はフローリングを張り替えました。
絨毯からクッションフロアへ
汚れの目立つタイルカーペットを張り替えました。
  絨毯からクッションフロアへ
木目調のクッションフロアとクロスの新しい白さがあいまって明るい清潔感のある雰囲気になりました。
Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ブラッチ