立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
住まいのリフォーム「ブラッチ」トップページ住まいのリフォーム「ブラッチ」ごあいさつ住まいのリフォーム「ブラッチ」施工事例住まいのリフォーム「ブラッチ」へのお問合せ住まいのリフォーム「ブラッチ」協力業者募集住まいのリフォーム「ブラッチ」お客様の声住まいのリフォーム「ブラッチ」会社案内住まいのリフォーム「ブラッチ」サイトマップ
TOP > 結露・カビ対策
結露はどうして起こるのでしょうか?
結露には表面結露と内部結露があります。
表面結露とは明け方窓の下に水がたまっているような場合で、内部結露とは建物の内部(壁の中)で生じる結露です。
結露は空気が含む事ができる水蒸気の量が関係します。
キンキンに冷えたビールのジョッキに水滴がしたたり落ちる・・あれを想像してください。
外気よりはるかに冷たいビールに触れると、空気も一瞬で冷えて水分を保てなくなるのです。
空気は温度が高いほど多くの水分を含むことができます。それゆえ日中あるいは暖房をかけている時にはあまり発生しません。ところが就寝後暖房のとまった部屋の気温が下がると水分を保てなくなります。そうして出てきた水分が結露です。
ちなみに暖房しててもつめた〜い外気に触れる窓際には水滴が落ちています。

室内の水分を少なくする。つまり湿度を下げる工夫を!

室内換気は結露を防止する上でとても大切なこと。
2箇所以上の窓を開けて(できれば換気扇を回して)通気をよくしましょう!
冬場の空気は冷たいですが乾燥しています。寒くても一日に何度か外の乾燥した空気を取り入れることで湿気の多い室内の空気を排出できます。
湿気を吸収する建材などを使用しても、換気をしなければ結露は防げません。永久に湿気を吸い続ける素材はこの世の中にありません。そうした建材が吸着した湿気をきちんと吐き出させなければ機能を発揮しません。
  1. 朝晩(あるいはもっと)窓を開けて空気を入れ替える週間をつけましょう!
  2. キッチン、浴室、トイレなどの水周りに換気扇を取り付け、使用中は換気扇を回す。
  3. 浴槽に水を貯めっぱなしにしない。水を抜いた後しばらくは換気扇を回す。
  4. 押入れや壁に通気口を取り付ける。
関連ページ
結露(けつろ)
結露(けつろ)を予防するには
カビの原因も湿気です
カビの発生は温度と湿度に関係があります。20〜30℃くらいで一番繁殖しやすいと言われます。
冬にはあまり発生しないことからもわかりますよね?
そしてやはり湿気です。湿気が高く温度の高い梅雨時にカビが発生しやすいのはそうした条件を兼ね備えているからです。
カビの胞子は空中をさまよっています。それ故部屋の中にカビの胞子がうようよいるようではカビの発生は抑えられません。室内の換気は湿気の多い室内の空気を外に放出するだけでなく、暖かい室内で増殖したカビの胞子をも放出します。
室内環境を整える上での換気の重要性をおわかりいただけましたでしょうか?

調湿効果の高いエコカラット

エコカラット かつての日本の家屋では湿気の多い風土に合わせた家造りが行われていました。
壁は土壁、柱は木。囲炉裏で暖をとったり、湯を沸かしてお茶をすすったり・・・・。四季折々に自然の知恵を借りながら暮らしていたのです。
漆喰や土壁は室内の湿気を吸収し、部屋が乾燥したら吐き出して湿度の調整をしていたわけですが、時代は変わり西洋風のサイディングの家だとか、機密性の高い鉄筋コンクリート造りのマンションなどが増えていきました。
快適な生活に思われた現代の住宅に思わぬ落とし穴・・・とまでも言わなくても、結露やカビ、そして様々な化学物質のリスクが生まれてしまいました。
エコカラットは湿気を吸収し、吐き出しながら湿度を調整してくれる建材です。アレルギーの原因物質を吸収したり、嫌な臭いを吸着したりもしてくれます。
 

炭にも調湿効果があります。

炭には調湿効果に加え、消臭・脱臭効果があります。そのため炭を用いた建材も結構世に出ています。床下に置くようなタイプがその代表例でしょう。床下に敷き詰めるにはそれなりの費用がかかりますが、目に見えないところで調子効果を発揮してくれるでしょう。

在来の日本家屋には調湿機能のある素材がたくさん使われていました

土壁や漆喰壁に調湿効果がある事はしられています。しかしながら畳や襖、障子などにも多少の調湿効果がある事はあまりしられていないかもしれません。湿気の多い我が国で自然とそういう素材が使われていたのだとなんだかしみじみと考えてしまいます。「和」の穏やかな空間が本来日本向けの家屋だったのでしょう。

窓結露の防止にはペアガラスを!

ペアガラスはサッシとサッシの間に空気層を作ることで高い断熱効果を生みます。室内の湿り気の多い温度の高い空気が、ガラス窓から伝わる冷たい外気に触れて、急激にその温度を下げることで結露が生じます。そのため、空気層で断熱効果が生じることで室内の空気が一気に冷やされる事がなくなり結露を防止するわけです。

関連ページ
結露とリフォーム
水と空気
インプラス

Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ブラッチ