立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
住まいのリフォーム「ブラッチ」トップページ住まいのリフォーム「ブラッチ」ごあいさつ住まいのリフォーム「ブラッチ」施工事例住まいのリフォーム「ブラッチ」へのお問合せ住まいのリフォーム「ブラッチ」協力業者募集住まいのリフォーム「ブラッチ」お客様の声住まいのリフォーム「ブラッチ」会社案内住まいのリフォーム「ブラッチ」サイトマップ
TOP > キッチンリフォーム
キッチンのリフォーム
キッチン、流し、言い方は様々ですが、ここが主婦の皆さんにとって最も気になる空間と言っても過言ではないでしょう。
料理、洗い物、掃除。ここの使い勝手いかんでは家事の負担はグンっと減ります
商品の持つ各機能、収納力、清掃のしやすさ、デザイン。
そんなもろもろの事を考えて素敵な空間を演出したいものです。

キッチンのタイプ

キッチンのリフォームをする場合にまず考えなければならないのがキッチンのタイプです。
リビング(L)やダイニング(D)との繋がりを意識しながらどのタイプにするのか選びましょう!
独立キッチン
従来からよく見られるような1室として完全に独立したキッチンです。
集中して料理したい人にオススメで、
料理中の臭いや煙が他の部屋に流れにくく、急な来客でもそうそう見られる場所ではないので散らかしていても大丈夫です。主婦の皆さんの中には「自分の居場所」みたいな感覚の方もいらっしゃるでしょう。
難点は
孤独感、疎外感を感じる作りであり、子育て中の方は子供の姿を確認しにくい事です。
 
オープンキッチン
オープンキッチン オープンキッチンとは、ダイニング空間に対して、壁やカウンターなどで、視覚的機能的に遮断されていないキッチンの事。
ダイニングキッチン(DK)、やリビングダイニングキッチン(LDK)はこのタイプです。メリットとしては
スペースを有効活用でき、台所で使うべきスペースとダイニングやリビングで使うべきスペースをそれぞれ共有できます。
配膳や片付けなどの動線が短くなる分家事への心理的負担も少なくなり、また同じ部屋で家事をする
お母さんと一緒に家事をしようという子供さん達の意識の変化に繋がるかもしれません。当然同じ部屋で遊ぶ子供さん達にも目が届き子育てをするには適しています。
デメリットとしては
臭いや煙が部屋に流れやすく、火を使う部屋としてそれなりの防火対策も必要となります。そして、周辺の収納に気をつけないと「手元、足元散らかっとるやん・・」と言われちゃうかもしれません。
   
セミオープンキッチン
セミオープンキッチン オープンキッチンのようにダイニングやリビングとの連続性を保ちながら「丸見えはいやん」という事で垂れ壁やキャビネットなどで仕切りを作り足元が見えないようにしたものです。子供さんと同じ部屋で家事が出来るため子供さんに目が届くのと、家事を手伝ってもらえるかもしれないというメリットがあります。仕切りのキャビネットをカウンターにすれば対面キッチンになり配膳もスムーズになり、ここでもお子さんにお手伝いを覚えさせることができます。デメリットは部屋から手元が見えてしまうことと、カウンターなどがある分LDへの動線が多少悪くなります。

システムキッチンとは何?

天板(ワークトップ) キャビネット、シンク、コンロを1枚の天板(ワークトップあるいはカウンタートップなどともいいます)でつなぎ一体となったものを言います。
キャビネットとは収納棚の事でそのサイズは多様です。
キッチンを選ぶ際には間口(横幅)の大きさと奥行きそして高さの制限を受けます。その中でも間口はキャビネットを組み合わせた場合にそれぞれのサイズの合計になるため、間口の広さを頭に入れてキャビネットの組み合わせを考えます。リフォームの場合には既存の流し台のそれぞれのサイズを測り、そのサイズに合わせた組み合わせをプランニングするわけです。
システムキッチンの形は
I型、U型、L型、U型、アイランド型、ペニンシュラ型があり、それぞれの中から選ぶ事になるのですが、全ての中から自由に選べるというものでもありません。さきほど述べたように間口の大きさなどの属性によって選択の幅は制限され、さらに言うとリフォームの内容や予算によっても制限されます。
関連ページ システムキッチン

I型キッチン アルファベットのIのような形をしているため、I型キッチンと呼ばれます。まさにオーソドックスなタイプのキッチンです。シンクやコンロなどが直線に並び、小さなスペースしかとれない場合におススメです。あまり間口を広く取るとかえって使い勝手が悪くなります。作業台を広く取りたい時などはU型キッチンにして作業台などを平行に配すれば動線が短くなって作業性が良くなります。
 
U型キッチン

ローマ数字のUのような形をしているものをU型キッチンと呼びます。作業台を平行な2列に配置し、作業の動線を短くしたタイプです。作業台との間隔が広すぎても狭すぎても使いにくくなるので、その点は注意したいところです。
独立型にもオープン・セミオープンキッチンにもあるレイアウトです。この場合、I型と比べて横に移動する距離は少なくなりますが、振り返って作業することが多くなります。このためシンクの真後ろに加熱機器があると危険です。安全のために位置を少しずような工夫が必要です。比較的狭いスペースでも設置可能です。

   
L型キッチン

アルファベットの「L」の字のような形をしていて加熱機器、調理スペースをL型に配置したタイプをL型キッチンと呼びます。 シンクと加熱機器がL字の両側に振り分けられるので、動線が短くなります。また、真後ろを振り返ることもないので、作業がしやすくなります。コーナーの部分を調理スペースとして使えばスペースを上手に利用できるでしょう!L字の片方を壁付けにして、もう一方を対面式のように部屋に突き出すレイアウトをペニンシュラ型(半島型)といい、そうする事で部屋の方を向いて「家族と会話しながら」流しの作業が行えます。

 
U型キッチン
U型キッチン

U型キッチンと言うのは、コンロ、シンク、作業台をU型に配置したタイプのキッチン。 収納が多く配置できるのと、動線が短くて済む為、人気がありますが、 大きなスペースが必要な為、独立型のキッチンに向いている。 特に、2人以上で作業する場合、狭く感じがちです。 キッチンにそれだけのスペースを割けるかどうかは、プランニングの段階で、他のスペースとバランスをとりながらよく考えましょう。独立型キッチンだけでなく、オープンキッチンでもU字型のレイアウトは可能です。その場合、ペニンシュラの部分が広い配膳カウンターとなり、動線もよく、コミュニケーションのしやすいキッチンになります。ペニンシュラと言うのは英語で「半島」を表しアイランドキッチン同様人気のあるキッチンタイプです。

   
離れ小島のように壁から独立した島のようなキッチンを「アイランド(島型)キッチン」といいます。I型やL型のキッチンを壁付けしてそれとは別にダイニングやリビングにポツンと調理台などが据え付けられるイメージです。複数の人が料理したり、ホームパーティーを開いたり団欒を楽しむのにも向いています。 アイランド部分はシンクにする方がコストも抑えられおススメです。コンロをおく場合にはレンジフードなどをアイランドの上部に配置しなければならないからです。シンクの大きさや深さに気をつければさほど水が飛び散る事もありません。

キッチン工事に携わる職人さんたち

設備屋さん
水周りの事は設備屋さんです。既存キッチンの解体から組み立てまでできる人もいますが、何といっても給水・排水管の切り回しや配管工事を行います。壁から配管する事を壁配管、床から配管する事を床配管といい、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンではLDに飛び出る部分に予め排水管を伸ばして立ち上げとかなければなりません。関連記事はこちら
大工さん
既存キッチンの解体や組み立ての出来る大工さんも少なくありません。配管のために床をめくりその後床の補修をしたり、壁にボードを張って下地を作ったり、キッチンパネルを張ったり、実はキッチン工事の主要部分を担います。
電気工事屋さん
キッチンに取り付ける照明器具や電気製品の配線などをします。
ガス工事屋さん
IHが増えてきましたが、ガスコンロの需要は依然としてあります。解体前にガス栓を閉めたり、切り回しをしてもらい、キッチン取付(組み立て)後開栓してもらいます。
シール屋さん
ある程度の隙間が出来る事が多いので、そうした部分のシーリング工事を行います。パネルの継ぎ目にもどうようにシーリング工事を。
システムキッチンの価格
システムキッチンの価格は本当に様々な要素によって変わってきます。
各メーカー高級な物からリーズナブルなものまでグレードの異なる様々なラインナップを持ち、どの商品を選ぶのかで価格帯が大きく左右されます。
クリナップで言えば「クリンレディー」がお手頃な価格帯になり、「S・S」はグレードの高い価格帯になり、どちらを選ぶかで出発点が異なります。
クリンレディーなら「50万前後」で工賃含めてキッチンを交換できますし、SSだと100万前後からの費用がかかります。

それぞれのメーカーのどのシリーズを選ぶかがまずは第一歩。
次に各オプションを選んでいきます。
ガスコンロにするのか、IHにするのかでも価格は異なりますし、同じガスコンロでも2口なのか3口なのか、ホーロートップなのかガラストップなのかで価格が違ってきます。
その他食器洗い乾燥機を取り付けたり、浄水器内臓の水栓(ビルトイン浄水器)を選んだり、電動昇降ウォール収納を付けたり、カップボードを追加したり・・・・。
そうしたどういう組み合わせにするかも価格に影響を与えます。
そして・・・
面材(めんざい)と呼ばれるキッチンの扉の素材によっては、かなり価格も変わってきます。
グレード1〜グレード5くらいまでの各段階で5万円前後価格が上下します。
例えばグレード1からグレード2の価格差が7万円だとして、最高級のグレード6だと35万円くらいグレード1よりメーカー希望小売価格が高くなることになります。
キャビネット シンク ガラストップ三口コンロ IHクッキングヒーター
カップボード レンジフード 食器洗い乾燥機 水栓
システムキッチン、まずは見積もりから!
システムキッチンの製品自体の価格は上記のように組み合わせで決まる事をお伝えしました。
では工事代金を含めると一体いくらなの?と思われる事でしょう。
正直申し上げますと一律にいくらと言えないのが本当でしょう。
何故ならシステムキッチンの交換と言っても大工工事、設備工事、電気工事、ガス工事、シーリング工事・・・と多岐にわたり解体したゴミの処分代などを含めると、それ相応の費用がかかるからです。あとから追加料金を取られでもしたらとんでもない事です。
まずはオーソドックスに見積もりをしてもらう事から始めましょう!
リフォームの見積もりはまず無料でしょうから、見積書を見ながらそれをたたき台にして、次のステップに進みます。
ショールームで具体的にイメージを作る
他のリフォームと異なり、水周りのリフォームの場合、最初の見積もりは参考程度。
施工会社と共にショールームに出かけ、展示してあるキッチンを見ながら具体的な組み合わせなどを考えていきます。
ショールームにはそれぞれにメーカーのスタッフがいて、様々な説明、提案をしてくれます。
百聞は一見にしかず水周りのリフォームはまさにそうなのです。
ラフプランとして出した最初の見積もりとは全く違う内容に変わっていく方が、むしろ普通なのかもしれません。
ちなみに立川はまさにショールームの街です。
クリナップ、サンウェーブ、タカラスタンダード、TOTO、イナックス、ミカド、パナソニック電工、ヤマハ、日立、ノーリツ・・・・ザッと挙げるだけでもすごい数ですよね!

Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ブラッチ