立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
住まいのリフォーム「ブラッチ」トップページ住まいのリフォーム「ブラッチ」ごあいさつ住まいのリフォーム「ブラッチ」施工事例住まいのリフォーム「ブラッチ」へのお問合せ住まいのリフォーム「ブラッチ」協力業者募集住まいのリフォーム「ブラッチ」お客様の声住まいのリフォーム「ブラッチ」会社案内住まいのリフォーム「ブラッチ」サイトマップ
TOP > 施工事例 > 屋根塗装工事
屋根塗装工事
小金井市・屋根塗装をしました
● 内容 : 屋根塗装
屋根塗装の前
屋根塗装後
劣化した屋根。苔を落とし、汚れを落とし、下地をキチンと調整してから塗装します。
 
左右を見比べてください。まったく別の屋根みたいです。ショットが違うのはご愛嬌。新品みたいになりました。

屋根に苔が生えていてそろそろ塗った方がいいのでしょうか?
コロニアルはモルタル同様雨が染みこむとモロくなってしまいます。長い間放置しておくと雨漏りの原因にもなりますし、葺き替えなければならないかもしれません。塗り時でした。
苔の生えた屋根色あせた屋根雪止め
シーラー塗り屋根中塗り
 
屋根も定期的に塗り替えを!
屋根は本当に過酷な環境です。常に雨風にさらされて傷みも激しいのですが、見えないせいでしょうか?なかなかメンテナンスをしない所です。苔が生え色のあせた屋根材はどんどんもろくなっていきます。塗装の塗り替えと屋根の葺き替えと・・どちらがお金がかかるのか。それはもちろん吹き替えの方が高くつきます。定期的に塗り替えて長持ちさせた方が得です。

コロニアルの表面のコーティングが取れてしまっています。もう塗り替え時です!




「雪の落下防止」のために付ける雪止め。錆びてる部分はケレンでサビを落とし、サビ止めを塗ってから上塗りします。雪止めなどは刷毛で塗り、それ以外はローラーで塗ります。私たち職人は「ローラーをころがす」と表現します。





シーラーを塗りキチンと下地を調整します。シーラーは仕上げ材の密着性を高めるために塗るもの。塗っている時は乳白色でも乾くと透明になるので傍目には塗ったか塗らないかわかりません。

でもでもでも!本当に大切な工程です。けっしておろそかにしてはなりません。

シーラーが乾くとそうは言っても濡れ色になります。左の画像の右半分を一番最初の画像と比べても色が変化しているのがわかります。左側は中塗りを始めた様子です。ローラーでどんどこ塗っていきます。
Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ブラッチ