立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
住まいのリフォーム「ブラッチ」トップページ住まいのリフォーム「ブラッチ」ごあいさつ住まいのリフォーム「ブラッチ」施工事例住まいのリフォーム「ブラッチ」へのお問合せ住まいのリフォーム「ブラッチ」協力業者募集住まいのリフォーム「ブラッチ」お客様の声住まいのリフォーム「ブラッチ」会社案内住まいのリフォーム「ブラッチ」サイトマップ
TOP > 間取りの変更
間取りの変更
間取りの変更と言うと和室から洋室というパターンが多く、次に3DKを2LDKに変更するようなリフォームが多いものです。
ライフスタイルの変化は著しく、特に広めのLDK(リビングダイニングキッチン)への憧れが、特に女性の間に広がっているようです。
昨今の新築戸建て物件でも17帖以上の大きなLDKのある物件が多く、もはや12帖前後ではLDKと言えないのかもしれません。
加えて今の新築物件では和室すらないものも増えました。
少し前までは1FにLDKと和室、2Fに洋間が3つある4LDKの物件が主流でしたが、全部洋室の4LDKの物件が今後も増えていくかもしれません。
ここで忘れていけないのが住む人の年齢や家族構成の変化です。
小さいお子様が進学して子供部屋が2つ欲しくなったり、両親と同居するために2Fに新しくキッチンを作ったり。これらはまさにそのご家庭ごとの事情をよく聞き取ってそこに住む皆様のイメージを具体的に空間に反映させていく作業なのです。

和室
和室

和室から洋室へのリフォームです。
上げ床の畳の畳寄せ等を解体し、右手に見える昔ながらの戸棚を解体してクローゼットを作ります。
では解体から始めましょう!
 
和室解体
和室解体
中央の戸棚部分と畳寄せを解体しました。
すごいゴミの量です。
ここはLDKに和室が2部屋面していて、和室と和室の間仕切りが戸棚になっていたのです。

根太組、コンパネ張り
畳部分の下地を作りフローリングを張ります。
大工さんが根太を組コンパネを張っています。
 
フローリング張り
遮音性能のあるフローリングを張っています。
こちらでは遮音等級LL45のものを使用しました。
5
収納造作
クローゼット造作
戸棚があった場所に新たに間仕切り(部屋と部屋の仕切り)の壁・・といいますか収納を作ります。
がらんとした空間に大工さんがみるみるうちに素敵な空間を作り上げます。
  6
間仕切り壁造作
ランバーで棚作り
ボードを張り段々と収納っぽくなってきました。
ランバーを使って洋風の棚を作っていきます。
7
折れ戸ユニット枠取付
収納造作
折れ戸ユニット枠をはめ込んでいよいよ完成に近づきます。
  8
ハンガーかけ取付
クローゼット
ハンガーかけを取り付けて、棚を取り付けて、折れ戸を取り付けて・・・はい!完成です!
全体の画像を撮り忘れた私は、こうしてホームページを作りながら歯ぎしりして悔しがっているわけです(泣き)

間取り変更リフォームに携わる職人さんたち

@大工さん
解体から床、壁などの造作と言った構造に関わる部分を工事します。間取り変更リフォームのトップバッターです。
A設備屋さん
LDKなど水周りのプロが設備屋さん。キッチンなどの解体などには大工さんが活躍するかもしれませんが、基本的には水周りときたら設備屋さんです。
B電気屋さん
電気の配線工事などをします。電気配線の基本は壁の中や天井の中に行い表面には出さないようにします。ただし、仕上げ工事のあと、あるいは既存のお部屋で配線だけを工事するような場合には露出させるしかない場合があります。壁や天井の中に配線する場合にはクロスなどの仕上げをする前に予め壁や天井に穴をあけて線を通し、それを証明やコンセントの位置に持ってきておかなければなりません。
Cガス屋さん
キッチンなどのガスを使用する場所では解体前にガス栓をしてガスをとめてもらい、キッチンを交換後に新たにガスを開栓してもらいます。
Dペンキ屋さん
室内の木枠や周り縁といった木部の塗装を行います。カウンターなどのクリア塗装や窓枠などの塗りつぶし塗装、天井塗装などを行います。
Eクロス屋さん
壁や天井のクロス貼り、床をクッションフロアで仕上げるならクッションフロア張りをします。
まずは思い描くイメージを御相談下さい!
間取り変更をご希望の場合には構造上の問題が出てきます。壁を解体する場合に、耐力壁を解体してしまっては大変です。というかしちゃいけません。
解体できる壁、そうでない壁を見極め、場合によってはプランを修正しつつイメージに近いリフォームを行います。
10帖のお部屋を二つに区切るような工事なら、単に間仕切り壁を作るだけでなく併せて収納スペースを確保したり、より快適な生活をご提案するのもリフォーム業者の役割です。
施工前の打ち合わせは念入りに行いたいものです。

Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ブラッチ