立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
住まいのリフォーム「ブラッチ」トップページ住まいのリフォーム「ブラッチ」ごあいさつ住まいのリフォーム「ブラッチ」施工事例住まいのリフォーム「ブラッチ」へのお問合せ住まいのリフォーム「ブラッチ」協力業者募集住まいのリフォーム「ブラッチ」お客様の声住まいのリフォーム「ブラッチ」会社案内住まいのリフォーム「ブラッチ」サイトマップ
TOP > 施工事例 > Kビル屋上防水
立川市Kビル屋上防水そのT
立川市・ビル屋上の防水工事を行いました。
● 内容 : 既存シート撤去、下地調整、ドレン処理、立ち上がりメッシュ処理、ウレタン塗膜防水、脱気筒設置
屋上防水前
屋上防水後
立川市のビルの雨漏りがひどく、天井はシミだらけでした。既存はシート防水。劣化が激しく水漏れ箇所は数知れず。
 
既存シートを剥がしてウレタン塗膜防水をすることに。ドレンも処理して、その後雨漏りが止まったとのご報告を受けました。

シートの穴フクレ欠損部分既存のドレン
既存シート撤去平場シート撤去ドレンの溝改修用ドレン立上り下地処理平場下地処理
 
屋上の問題箇所とその処置
既存はシート防水でした。左の画像のように穴が空いた部分がいくつか見られました。そうした穴や破れはたとて小さいものであっても水は一斉にそこに流れ込む性質があります。アリの隙間がまさに雨漏りの原因になります。ましてやこれくらいの穴になると中に相当水が入り込んでいるはずです。


シートのフクレです。もうこうなると撤去する他はありません。もちろん雨漏りしているという時点で、既存を撤去するなり適切な処置を行うか、工法を選ぶかしなければなりません。





フェンスの台の欠損部分を見ると悲しいほど膜が薄いことがわかります。前回の防水工事をどこでやったのかわかりませんが、お気の毒です。厚みがない防水工事は極端に安いかもしれませんが、すぐに穴が空くようでは大損したようなものです。厚みは大切です。防水工事の要です。厚みをつけるにはそれ相応の材料代がかかりますが、そこを考慮に入れずに工事を依頼しては絶対にダメです。


既存のドレンです。ドレンとは排水口の事で、ここが水漏れの原因になっている事も多いもの。キチンと処置してもらいましょう。見積もりを取るときは「ドレンはどうしますか?」とお尋ね下さい。






画像データが多いため載せるきれません。西北ペンキ屋のブログにある記事をご参照下さい。
屋上防水工事
間に合わないので
既存のシートを剥がしていきます。
左の画像は立ち上がりを剥がしている様子です。



平場もどんどん剥がしていきます。全て撤去するのは大変ですが(軽トラックにあおり板をたてて一台分のゴミがでました)、大切な作業です。シートの中はやはり湿っていて毛細管現象により全体に水が回っていたことがわかりました。
 



ドレンのカバーをはずしました。少しづつ土やら何やらがたまっています。それをケレン・清掃します。
溝の中はモルタルでその中もキチンと防水処理をしなければなりません。






ドレンには改修用ドレンを設置してキチンと処理しました。ドレン処理の様子はこちらをご参照下さい。






立上りにカチオンを塗っています。カチオンとは防水工事などで下地調整をするために使うものです。立上りにはローラーで塗ります。






平場にはコテを使ってカチオンをまきます。これで防水工事をする前の処理が終わりました。防水工事の工程についてはつづきをご覧下さい。

→ 立川市Kビル屋上防水その2を見る
Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ブラッチ