立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
住まいのリフォーム「ブラッチ」トップページ住まいのリフォーム「ブラッチ」ごあいさつ住まいのリフォーム「ブラッチ」施工事例住まいのリフォーム「ブラッチ」へのお問合せ住まいのリフォーム「ブラッチ」協力業者募集住まいのリフォーム「ブラッチ」お客様の声住まいのリフォーム「ブラッチ」会社案内住まいのリフォーム「ブラッチ」サイトマップ
TOP > 腰壁とペットに優しい床
ペットと共生するための壁の工夫
壁の上下で仕上がりが違う場合に下の部分の事を腰壁と言います。
腰壁は床から一定の高さまでの部分に板などを張り巡らせる事で、猫の爪とぎなどで傷ついてもいいようにできます。
ペットはその習性や遊びの中でどうしても壁を傷つけたり壊してしまうものです。
ですから予め傷ついてもいいような準備をしておいて、破損が目立ってきたら腰壁の部分だけを張り替えるようなつくりにしておけば、お互いに気持ちよく生活できるはずです。
通常傷つけてはいけない部分を傷つけられるから嫌なのです。傷つけてもいい所を傷つけられても平気だし、リフォームも簡単です。

大建工業壁材Rシリーズ メイクアップ<ハード>P

特殊樹脂化粧シートを使用しているので、表面の耐傷性・耐汚性はバツグン。
低VOC素材なので人はもちろん、ペットにもやさしい腰壁材です。
体をこすりつけたニオイや汚れもサッとひと拭きでキレイになります。


関連ページ
揮発性有機化合物(VOC)
ペットに優しい床
人の目線で作ったお家が犬や猫などのペットにとって暮らしやすいとは限りません。
特に床は人が裸足であるくための設計になっていて、人間にとっては歩きやすくてもペットにとってはあるきづらい事もあります。

床にもユニバーサルデザインを

どんな人にも使いやすい設計のユニバーサルデザインは、ペットにとっても使いやすいものだったりします。
例えば段差の少ない動線ならばペットもつまずいて怪我をする事がなくなるでしょう。
単にバリアフリーと言ってしまうよりは「人にもペットにも」使いやすく優しい設計を目指したいものです。

フローリング

表面に傷つきにくい耐久性を持たせたフローリングは各メーカー取り揃えています。ただし、ペットと一緒に住む場合には汚物にたいする対応も必要です。耐アンモニア性能を持つフローリングならすぐに拭き取ればキレイになり、劣化しにくいです。
大建工業 ダイハードアート
耐傷性床材シリーズは引っ掻き傷に強く、落下傷にも強い商品です。中でもダイハードアートは耐アンモニア性能をもち、ペットが粗相をしても大丈夫で、さっと拭き取れば掃除も簡単です。またキャスター後も目立ちにくいため車イスでも安心です。カタログに「ペット対応」となっているものを選択しましょう!
永大産業株
ペットのいるご家庭にはアンモニアや汚れにも強く、すり傷にも強いEB硬質フィルムを採用したフローリング「パワーアトム」を。ペットの尿による汚れや、爪によるひっかき傷を軽減できます。ただし、排泄物を放置してしまうとシミ、変色の原因となるためすぐに拭き取るようにしましょう。「パワーアトム」はEBコート+硬質フィルムのダブル効果のEB硬質フィルム仕上げによって、耐傷性&耐久性にすぐれ、ワックスフリーを実現した快適空間をつくる高耐久フローリングです。
*傷が付きにくくアンモニアに強いフローリングは「家」の観点から見たペット対応の商品です。
これらは確かにその耐久性で室内をキレイに保ちます。
しかし、固い床は犬が歩行するには向きません。爪がひっかからず滑ってしまったり腰に負担がかかってしまいます。滑って足を脱臼したり怪我の原因になるかもしれません。
胴の長い犬は腰痛に苦しむかもしれません。その点を補うような配慮をしたいものです。

クッションフロア

クッションフロアは表面がビニールなのでペットが粗相をしても気にすることはありません。
ただ、放置するのは劣化を早めますので、すぐに拭き取る必要があります。
また爪がひっかかる弾力を持つため歩行も楽です。
ペット対応の床を考える上では候補に上げたい建材です。
リリカラ「住まいるフロア」
住まいるフロアは耐衝撃性に優れていて土足でも使えるくらいの耐久性を持ちます。また防滑・クッション性によってペットの歩行が安全に、快適になります。耐水性・抗菌性もあるため粗相をしても染みこまず、水拭きすればキレイになります。
サンゲツ「ペット快適専科」
ペット快適専科は一般のクッションフロアよりも表層面を厚くして爪による引っ掻き傷がつきにくくしてあります。フローリングなどに比べて、すべりにくく、適度なクッション性があるので、ペットの足や関節の負担を軽減できます。また、アンモニア、硫化水素など、ペットの気になるニオイの成分を強力に吸着します。
安全性が確認された消臭剤を練り込んであるので、効果が長持ちします。

コルク床

コルク樫の皮を加工したものでとても保温性・耐火性に優れています。床材として使われることが多いのですが、壁や天井材としても用いられます。一般的にコルクはエコな素材として知られます。と言うのもコルクはコルク樫の皮を剥がすだけで、伐採する必要がないからです。また、コルク樫の表皮をとっても、その後再生し、9年後には再び採取できるわけで、150〜200年と言われる寿命の中で15〜18回程度繰り返し採取することができます。タイル状に加工されてコルクタイルとして用いられることが多く、濃淡様々な色があります。表面を滑らかに仕上げた製品や、自然の質感を生かして表面を粗く仕上げたもの、耐久性を上げるためにワックスを焼き込んだりと、豊富な種類がある。
コルク床はクッション性もありペットには最適ともいえる素材です。

Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ブラッチ