立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
住まいのリフォーム「ブラッチ」トップページ住まいのリフォーム「ブラッチ」ごあいさつ住まいのリフォーム「ブラッチ」施工事例住まいのリフォーム「ブラッチ」へのお問合せ住まいのリフォーム「ブラッチ」協力業者募集住まいのリフォーム「ブラッチ」お客様の声住まいのリフォーム「ブラッチ」会社案内住まいのリフォーム「ブラッチ」サイトマップ
TOP > 施工事例 > 塗装工事(ジョリパット)
一戸建て外壁塗装(ジョリパット)
世田谷区・外壁をジョリパットで仕上げました!
● 内容 : 外壁塗装、ジョリパット左官仕上げ
ジョリパット施工前
ジョリパット施工後
既存は掻き落とし。その上をジョリパットで仕上げたいという事でした。
 
躯体(建物本体)はジョリパット、蛍光色の水性塗料で仕上げました。

お盆休みの間に塗り替えたいんだけど・・・外観は今の質感を損なわないようにしてほしい。
掻き落としから普段使っているような水性塗料を使うと質感が変わってしまいます。そこでジョリパットをご提案。高級感ある仕上がりになりました。工期は・・・お盆休み中も毎日働きました・・。いろんな人に声をかけ、応援を集め、なんとか無事に終わったのでした・・。
シーラー(下塗り)
シーリング(擦り込み)シーリング(擦り込み)

ジョリパット施工中(左官工事)左官屋さんによるジョリパット施工
 
意匠製の高いジョリパット施工
まずは下塗りで下地作り。ジョリパットも他の塗装と同じように下地作りが大切です。ローラーを使ってどんどん塗っていきます。






擦り込み工法でクラックを埋めます。
小さな亀裂の場合にはこのようにシーリング材を上からなすりつけるようにしてヒビを埋めます。

西北ペンキ屋
おなじみのこの画像はここで撮りました。
あらゆるところでこの画像を使うため「よっぽど気に入ってるんだね!」と言われたりもしますが、違うんです。私がデジカメを持って現場を回るんですから、かえって自分の画像がないんです。「俺の写真とってよ!」などと職人の手を止めてまでお願いするのもなんですし、第一そんな図想像してみてください。気持ち悪い・・ですよ。


窓などは当然養生をして、その後いよいよジョリパット!
コテでしごいて施工します。ジョリパットの場合、コテを使う場合とローラー若しくは吹き付けで仕上げる場合とがあります。前者の場合には左官屋さん。後者の場合には塗装やさんが施工いたします。



左官工事でこのようにコテで表面に盛っていくことを「シゴく」と表現しますが、ジョリパットをコテで「シゴいて」いくわけです。ジョリパットはカタログを見ればわかりますが本当にたくさんの模様があります。扇などの単純な模様から職人オリジナルの模様まであるくらいで、人が違えば模様も異なると言ってもいいかもしれません。中塗りである程度の厚みをつけて、上塗りで模様をつけていきます。材料はかなり使います。その分一般の塗装よりはコストがかかります。
Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ブラッチ