立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
立川・東大和の外壁塗装・リフォームはブラッチへ。内装リフォーム・塗装・システムキッチン・システムバス・水周りリフォーム・介護リフォーム
住まいのリフォーム「ブラッチ」トップページ住まいのリフォーム「ブラッチ」ごあいさつ住まいのリフォーム「ブラッチ」施工事例住まいのリフォーム「ブラッチ」へのお問合せ住まいのリフォーム「ブラッチ」協力業者募集住まいのリフォーム「ブラッチ」お客様の声住まいのリフォーム「ブラッチ」会社案内住まいのリフォーム「ブラッチ」サイトマップ
TOP > 手すりの取り付け
手すりの取り付け
高齢者の転倒による事故を防ぐために日常生活動作を考えて、適切に手すりを取り付ける事が自宅で介護を行う場合に重要となります。
  
意匠製の高い手すりです。
手すりをつける場所は、玄関の上がり框、通路、階段、段差がある箇所、浴室の入口、浴室内、便所などです。I型、L型それぞれを動作を考えながら取り付けるのですが、例えばトイレに手すりをつける場合にはL型などがよいでしょう。
洋式便器の場合、座る場合には体を支えるために横方向に手すりが必要で、反対に立ち上がる場合には縦方向の手すりをつかまりながら立ちあがります.

手すりを取り付ける目的

歩行支援    
歩行時の身体の支え、歩行経路の誘導。    
廊下や階段などに連続して設ける必要があり、途中で途切れるとその効果がなくなります。    
当然高さなどにも配慮しご利用者さんの身長にあわせて設置します。    
取り付ける前に実際にご利用者さんに高さを確認してもらうい、利用しやすい位置につけます。  
階段での転倒は重大事故につながるため、上る場合、下りる場合両方の面から設置場所を考えます。
階段の手すりについては強度も十分に検討しなければなりません。
動作支援
つかんで身体を支えたり引き寄せたりするなど、動作時の姿勢の保持。
場所が決まれば長さは必要なく、ワンポイントの握りでも有効力が加えやすいように少し細めにする。
体重を支える強度が必要なためキチンと下地を確認し、場合によっては下地を強化しなければなりません。

介護保険による公的補助について

手すりの取り付けや段差解消などの介護のための改修工事をする場合に公的補助が受けられます。要介護区分を問わず、改修費用(上限20万円)の9割(実質上限18万円)が支給され、一回の工事で上限に達していない場合には次回の工事でも上限まで受給できます。補助金の申請についてはきちんとした手続きが必要で、ケアマネージャーさんまたは福祉住環境コーディネーターさんに改修工事が必要な理由を書いた「理由書」を書いてもらわなければなりません。市町村ごとに多少申請手続きが異なるので事前に調べておく必要があります。かつて「ケアマネさん」じゃなきゃダメと言われたことがありました。

関連ページ
介護リフォーム(手摺取り付け)

Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ブラッチ